海外挙式で人気の結婚式スタイルとは

海外挙式で人気の結婚式スタイルとは

自分でプランニングする人前式

神ではなく人々の前で愛を誓う

長年の夢でもあったし、素敵なウエディングドレスを着て憧れのチャペルで挙式を挙げたい気持ちは強いけど、信者でもないのにこの時だけ神様に愛を誓うのには抵抗を感じたり、自分にはふさわしくないのではないかと感じる人も少なくありません。

そんなタイプの人におすすめなのが、舞台は同じく素敵なチャペルでウエディングドレスを着るのですが、神様にではなく招待した家族や友人たちの前で祝福されながら誓いを立てる人前式スタイルです。

定番のキリスト教スタイルでヴァージンロードを歩くのも素敵ですが、納得のいくスタイルで、チャペルでウエディングドレスを着たいという理想は叶えるというのも、満足度の高い挙式になるのではないでしょうか。

2人でオリジナルのプログラムで挙げられる

人前式では自分たちのオリジナルの挙式が行えるのが良いところです。

キリスト式では讃美歌に合わせて入場や退場をするのが定番スタイルですが、それにも拘ることがなく、2人の好きな曲や思い出の曲をセレクトすることが出来ます。

牧師さんや神父さんが不在の人前式は自由度も高い挙式スタイルになるので、周りの人とは一味違った思い出に残るワンランク上の挙式をしたいという拘り派の人にも人気になっています。

海外であげるとなると下見も簡単ではなかったり、準備をするのは大変な部分も増えそうですが、家族や気の合う仲間だけを招待するならばそこまで負担に感じる事はなさそうです。
日本で披露宴を行う準備の大変さを考えたら気楽かもしれませんね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る